にんにく栽培の基本
にんにくの発芽率は?

にんにくは家庭菜園でも作られる方が多いですね。今回は当農園での発芽率をご紹介します。執筆はチャンク農園園長兼日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロがさせていただきます。
チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

発芽率とは。

にんにくの発芽(写真)にんにくの発芽10個種を蒔いて9個発芽したら発芽率は90%。7個しか発芽しなかったら発芽率は70%ということになりますが、この発芽率は野菜の種類によってずいぶん違いますね。ニンジンは発芽させるのが難しい野菜としてたいへん有名ですが、キャベツ・白菜などはほぼ100%発芽します。大豆やスイートコーンなど種が大きい野菜は条件次第で発芽率がかなりぶれますが、条件が揃えばほぼ100%発芽します。

にんにくの発芽率は99%前後。

さて、にんにくの発芽率ですが当農園では畝ごとに発芽率を計測しています。その数値をご紹介しますと、97.9%から99.8%という発芽率になっています(2017年の実績数値)。だいたい1本の畝に900個の種を植えていますので、それなりに信頼性のある数字かと思われます。
 種はひとつひとつ重さを計って仕分けをしてから植えています。畝ごとに種の重さが違いますので、小さな(軽い)種を植えてある畝ほど発芽率が悪く、大きな(重い)種ほど発芽率が100%に近いということがわかっています。にんにくは発芽率が非常に高い野菜ですので家庭菜園などで作られる場合(種の数が少ない場合)はほぼ100%発芽すると考えてよいかと思いますので安心して植えてみてください。

チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ
最後までお読みいただきありがとうございます。当農園は香川県最大級の無農薬・無化学肥料にんにく農園です。にんにくについて何かご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

文:チャンク農園園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

最終更新日:2018年5月18日

- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE
- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE