野菜の名前
大蒜や忍辱はにんにくの古名(こめい)。

野菜の名前やその由来について解説します。今回はにんにくの古名(こめい)について。執筆はチャンク農園園長兼日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロがさせていただきます。
チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

古名とはいまは使われなくなった昔の名前のこと。

にんにく、大蒜、忍辱(写真)にんにく、大蒜、忍辱にんにくと入力して変換しますと大蒜(おおびる)、忍辱(にんにく)などが変換候補にあがってきます。この場合の大蒜、忍辱は古名(こめい)です。
 古名とはいまは使われなくなった昔の名前のことですが、大蒜はいつの言葉かと言いますと『本草和名(ほんぞうわみょう)』(918年)に「於保比流(おおひる)」という名前で栽培された記録が残っていますのでこの時代には『おおひる』と呼ばれていたことがわかります。本草とは薬学のことで、918年は平安時代です。その後、於保比流(おおひる)が大蒜(おおびる)に変わった経緯はわかりません。また、にんにくの語源が仏教用語の忍辱(にんにく)だと言う説もありますが定かではありません。ちなみに、にんにくは原産地がよくわかっていない野菜のひとつですね。名前の由来といい、原産地といい、にんにくは不思議な野菜のようです。

(ご参考)本草和名 | 国立国会図書館デジタルコレクション

チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ
最後までお読みいただきありがとうございます。当農園は香川県最大級の無農薬・無化学肥料にんにく農園です。何かご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

文:チャンク農園園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

最終更新日:2018年5月18日

- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE
- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE