野菜の保存方法
そもそも常温って何度のこと?

野菜の保存方法をご説明します。今回は常温って何度のこと? 執筆はチャンク農園園長兼日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロがさせていただきます。
チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

15℃〜20℃のこと。

玉ねぎは常温で。かぼちゃやトマトも常温で、などど言われますが、そもそも常温とは何度のことなのでしょうか。常温とはJIS(日本工業規格)で定義されており15℃〜20℃のことを指します。ですから、夏野菜を常温で保存するといった場合の常温は決して30℃のような高温ではありません。なす、ピーマン、きゅうりなどの夏野菜。いくら冷蔵庫での保存は不向きだからと言っても真夏の30℃以上の気温では暑すぎますね。できるだけ涼しい日陰においてあげてください。

文:チャンク農園園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

最終更新日:2018年5月18日

- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE
- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE