GARLIC
にんにくの効果・効能

にんにくの疲労回復効果。その理由とガン予防との関係も解説。

にんにくにはなぜ疲労回復、強壮作用などの効果・効能があるのでしょうか。ここでは、その理由と併せて、にんにくとガン予防の関係についても解説させていただきます。執筆はチャンク農園園長兼日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロがさせていただきます。
チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

みなさんはファイトケミカルをご存じでしょうか。

にんにくにんにくの疲労回復の仕組みについてご説明するには、まずファイトケミカル(機能性成分)についてご説明しなくてはなりません。
 みなさんはファイトケミカル(機能性成分)という言葉をご存じでしょうか。「必須栄養素ではないが摂取することで健康によい影響を与えると考えられている植物由来の化合物」のことです。具体的には、抗酸化作用などの機能があり、がん予防、動脈硬化予防、免疫力向上、高血圧予防、整腸作用、骨粗鬆症予防、更年期障害改善、代謝改善、凝結抑制など、それぞれに様々な効果が期待されています。
 こうしたファイトケミカル(機能性成分)については昨今、非常に研究が盛んに行われています。同時に、こうした機能性を強化した機能性野菜なども販売されるようになりました。例えば、βカロテンの含有量を増やしたβカロテンニンジン、ケルセチンというファイトケミカル(機能性成分)の含有量を増やしたケルセチンタマネギ、リコピンというファイトケミカル(機能性成分)の含有量を増やした高リコピントマトなどがあります。
 ファイトケミカル(機能性成分)は色素や苦み・辛み・渋みなどの成分として野菜や果物に含まれていますので上記以外にもいろいろあります。

ブルーベリーアントシアニン
ポリフェノール/色素(赤、青、紫)/ブルーベリー、イチゴ、赤たまねぎ、黒大豆、小豆、赤シソ等
イソフラボン
ポリフェノール/色素(白・黄)/大豆等
カテキン
ポリフェノール/渋み成分/緑茶等
ルテイン
テルペノイド/色素(黄)/ホウレンソウ、とうもろこし等
アリシン
イオウ化合物/芳香成分/にんにく、ネギ類

ビタミンB1、B6によって代謝が促進=疲労回復。

にんにくにはアリシンというファイトケミカル(機能性成分)が含まれています。このアリシンにはファイトケミカル(機能性成分)特有の抗酸化作用があるわけですが、アリシンにはもうひとつの特徴があって、ビタミンB1と結合することでビタミンB1の吸収力が上がるというものです。
 にんにく自体が野菜のなかではビタミンB1の含有量が比較的多いわけですが、そのビタミンB1とアリシンの組み合わせによってビタミンB1が効率的に体内に吸収されます。ビタミンB1は糖質代謝(糖質を体内でエネルギーに変える)に関与する重要なビタミンです。つまりはビタミンB1の吸収によって糖質代謝が促進されカラダの疲れが緩和される=疲労回復、あるいは強壮作用が期待できるというわけです。
 また、にんにくにはビタミンB6も豊富に含まれています。ビタミンB6の含有量は野菜のなかで第2位の多さ(日本食品標準成分表より)です。ビタミンB6はアミノ酸代謝(たんぱく質を体内でエネルギーに変える)に関与するビタミンです。ですから、ビタミンB6によっても代謝が促進され疲労回復が期待できるでしょう。

豚肉などビタミンB1の多い食材と一緒に食べることが疲労回復により効果的。

スタミナ炒めビタミンB1の多い食材と一緒ににんにくを食べることでより効果的に糖質代謝が促進され疲労回復が期待できるでしょう。ビタミンB1の多い食材といえば、やはり豚肉(うなぎもビタミンB1が非常に多いですが昨今うなぎは値段が高いですからね)。部位では「ヒレ」が一番ビタミンB1の含有量が多いようです。続いて「もも」、「ロース」、「かた」となっています。

疲労回復だけじゃない。にんにくは最強のガン予防野菜。

さて、疲労回復以外のにんにくの効果・効能としてガン予防についても少しご説明します。デザイナーフーズ・ピラミッドをご存じでしょうか。アメリカ国立癌研究所(National Cancer Institute)が発表した「がん予防に有効性のあると考えられる野菜類」を重要度順に分類したもので、約40種類の野菜がランク付けされています。この頂点に立つのが「にんにく」です。

デザイナーフーズ・ピラミッド

デザイナーフーズ・ピラミッド
最上段:にんにく
2段目:キャベツ、大豆、ショウガ、セリ科の植物(ニンジン等)
3段目:タマネギ、お茶、ウコン、玄米、全粒小麦、亜麻、柑橘類果実(オレンジ、レモン、グレープフルーツ )、ナス科の植物(トマト、ナス、ピーマン )、アブラナ科の植物(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ )
4段目:マスクメロン、バジル、タラゴン、カラス麦、ハッカ、オレガノ、キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、ベリー
(ご注意)ピラミッドの下のほうのお野菜ががん予防に効果がないということではありません。上のほうのお野菜ほど「効果があることが確実である」というものです。

 これはにんにくに含まれるアリシンなどのファイトケミカル(機能性成分)が抗酸化作用、抗菌作用などを持つことがその要因と考えられています。
 アリシンとはにんにくのあの特有の刺激臭のもととなっている成分です。あの刺激臭があるからこそ、疲労回復、ガン予防などの効果・効能が期待できると言えるでしょう。では、無臭にんにく(ジャンボニンニク)には疲労回復などの効果はあるのでしょうか。無臭にんにくは正確にはにんにくではなく西洋ネギの仲間です。ですからアリシンの含有量が少なく、よって刺激臭も少ない。結果として疲労回復、ガン予防などの効果・効能はにんにくほど期待できないということになります。

チャンク農園 園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ
最後までお読みいただきありがとうございます。当農園は香川県最大級の無農薬・無化学肥料にんにく農園です。にんにくについて何かご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

(ご参考)文部科学省『日本食品標準成分表2015年版
(ご参考)National Cancer Institute(英語)

文:チャンク農園園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

最終更新日:

- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE
- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE