GARLIC
にんにくの発芽率

にんにくの発芽率はどれくらい?

にんにくの発芽10個種を蒔いて9個発芽したら発芽率は90%。7個しか発芽しなかったら発芽率は70%ということになりますが、この発芽率は野菜の種類によってずいぶん違いますね。ニンジンは発芽させるのが難しい野菜としてたいへん有名ですが、キャベツ・白菜などはほぼ100%発芽します。大豆も条件が揃えばほぼ100%発芽します。

 さて、にんにくの発芽率ですが、当農園では畝ごとに発芽率を計測しています。その数値をご報告いたしますと、97.9%から99.8%という発芽率になっています(2017年の実績数値)。だいたい1本の畝に900個の種球を植えていますので、それなりに信頼性のある数字かと思われます。種球はひとつひとつ重さを計って仕分けをしてから植えています。畝ごとに種球の重さが違いますので、小さな(軽い)種球を植えてある畝ほど発芽率が悪く、大きな(重い)種球ほど発芽率が100%に近いということがわかっています。基本的に、にんにくは発芽率が非常に高い野菜ですので家庭菜園などで作られる方は安心して植えてみてください。

 ちなみに、発芽までの日数はおよそ1週間から3週間といったところでしょうか。ずいぶん幅がありますが、これは当農園が深植えをしていることが原因です。通常、にんにくは3〜4cmの深さで植えるかと思いますが、当農園では8〜9cmの深さで植えております。したがって発芽まで日数のかかる種球もでてきます。前述しました97.9%から99.8%という発芽率は植えてから1ヶ月後の数値です。ご参考ください。

文:チャンク農園園長 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

最終更新日:

- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE
- share -facebooktwitterはてなブックマークLINE